ス ポンサードリンク

ハートロッカー、ようやく観て来ました

今年度のアカデミー賞で最多6部門を制した
ハートロッカー」をようやく観て来ました。

Image173.jpg

(吉祥寺東亜興行チェーン 武蔵野市吉祥寺南町2-3-16)

3月も今日で終わり、つまりバースデー割引の適用も
今日が最後、年度末になり普段はない残業が発生してなかなか
劇場に行けなかったけど間に合ってよかったぁ。

「ハートロッカー」はアカデミー賞発表の前から注目されていた
作品でしたね、3D映画と言う新たな映画のジャンルを誕生させた
アバターとの一騎打ちになると予想されたけど、結果は
「ハートロッカー」の圧勝でした。

(「ハートロッカー」と「アバター」はジェームズ・キャメロン
VSキャスリン・ビグロー、の元夫婦対決と言う事が話題に
拍車をかけました。)


戦場であるイラクで、爆弾物処理と言う危険な任務を遂行する
男達を描いた作品だけど、観方によって感想は違ってくると
思う。

主役は爆弾処理と言う命と隣り合わせの任務をまるで
ゲームのように楽しむジェームズ一等軍曹(=ジェレミー・レナー)、
極限状態の中、死の恐怖に怯える仲間をよそに、彼は
次々と危険に身を晒していく。

まるで中毒者のように・・・

2時間を越える長編にも関わらず、物語に引き込まれた私は
緊張のしっ放しだった。
相手は姿かたちの見えないテロ組織、危険は常に存在している
のだ。

ジェームズと共に行動するサンボーン三等軍曹
(=アンソニー・マッキー)の言葉が心に突き刺さった。

「俺達がここで死んでもそれは一人の人間が死んだ事に過ぎない。
 でも、母や父は一生悲しみ続ける」

おそらく、キャスリン・ビグロー監督がこの映画を通して
伝えたいメッセージもここにあるのではないだろうか?
アフガニスタンからイラクへと米軍兵の戦場は移った。
だけど、その終わりは全く見えない。

どれほどの兵士がこの長引く戦争で
犠牲になったことだろう?

戦場という場所で犠牲者が出る事はやむを得ない事だが、
一人一人の犠牲者には彼を悲しむ家族や恋人、仲間がいるのだ。


一日も早く、世界中の戦争が無くなる事を
願わずにはいられない・・・





映画館も合理化の時代

先日、ちょっくら新宿に行ってきました。
その時、歌舞伎町を通ったんですけど、新宿コマ劇場が
閉館されたままになっていました。

コマ劇場がその歴史に幕を閉じてから1年が経つと言うのに。

あの近辺って実は映画館も多かったようです。
「た」と付けたのは既に過去の出来事だから。
歌舞伎町の映画館の閉館が急速に進んでいます。

昨秋以降、14館あった映画館が現在ではわずか4館までに
なったもようです。
一方で靖国通り沿いにはシネコン(シネマ・コンプレックス)=
新宿ピカデリー」が誕生しもう少し離れた場所には「新宿バルト9
があり、連日お客さんで賑わっています。

この2つのシネコンの誕生により小さな映画館が廃業に
追い込まれました。

まるで街の商店街の近くに誕生した大型ショッピングストアの
ようです。
時代の流れと言ってしまってはそうなんだけど、
何だか寂しいですね。

新宿区はコマ劇場周辺を大衆文化や娯楽の発信地と
位置づけてきましたが、新宿3丁目に出来た2つのシネコンに
完全にお客の流れを奪われてしまいました。

どうすれば集客力が上がるのか?新宿区は頭を悩ませている
ようです。

TAJOMARUの試写会に当選しました!

eiga.comさんありがとう。

何だか、当選する時は連日のようにポストに当選ハガキが
入っているのに、当選しない時はピタッと止まってしまうのは
何故なんだろう??


ともあれ、久しぶりに試写会に当選しました。
作品は「TAJOMARU(タジョウマル)です。

主演は小栗旬、他のキャストは
柴本幸
田中圭
やべきょうすけ
池内博之
近藤正臣
本田博太郎
松方弘樹
萩原健一
など。

キャッチコピーは、

”日本人よ、生き方に迷ったらこの男に会いに来い!”

う〜ん、今の私にピッタリかな(笑)

私は死んでいない、日本初公開のフランス映画

2009年5月29日(金)〜6月20日(土)まで、
国立近代美術館フィルムセンターにてEUフィルムデーズ2009
開催されています。

これは日本とEU(欧州連合)の市民交流の促進を目的として
毎年5月に開催され、期間中は一日2作品のヨーロッパの
作品が上映されます。(EU加盟国選りすぐりの21作品!)
毎日、異なる国の作品が上映されるので迷ってしまいますね。


たまたま入場引換券を手に入れたので、友達と明日
観に行って来ま〜す!

作品は日本初公開のフランス映画
私は死んでいない」です。

ググっても公式サイトは出てきませんでした(笑)

引換券と一緒にあったEUフィルムデーズ2009の案内によると、
この「私は死んでいない」は3つのパートかで構成されている
そうです。
「愛」という世界共通のテーマを自由かつ想像力豊かに描写、
上映時間はなんと!188分(3時間08分)です。(長〜い)
監督はジャン=シャルル・フィトゥシ!!(全く知らん)

果たして、日本語字幕があるとは言えフランス語の長編映画を
寝ずに見続けるだろうか・・・


感想を乞うご期待!!

バーン・アフター・リーディング試写状ゲット!?

2日連続でポストに試写状のハガキが入っていました?

作品は大々的な宣伝を展開している
バーン・アフター・リーディングです。

全米で大ヒットを記録しているコーエン兄弟によるこの作品、
予告を観ただけでもワクワクしてきます。

i-pod好きの筋肉バカ=ブラッド・ピット
出会い系サイトにはまる色ボケエリート=ジョージ・クルーニー
アル中でCIAを首になった=ジョン・マルコヴィッチ
整形の事しか頭にない
クルーニーの不倫相手=フランシス・マクドーマンド
同じくクルーニーの不倫相手で
神経過敏な女医=ティルダ・スウィントンが
巻き起こすブラック・コメディーが
バーン・アフター・リーディング!

メッチャ面白そう、試写状を見た時は
よっしゃ!と思ったんですが・・・試写日を見ると
子供の情景とかぶっていました(泣)


うーん、どちらの作品を観に行こうかなぁ・・・

子供の情景、試写会に当選しました!

こんばんは。
最近は本当に運が良い!

今回、当選したのは映画生活さんから応募した
子供の情景という作品です。

舞台はすっかりニュースでも聞かなくなった
アフガニスタン、一体どんな作品なんでしょうか?
戦争かな?いや違う、戦場も銃弾も登場しない、と
案内には書いてある。


一人の少女の小さな冒険、そこから
大人に訴えかける何かがあるようだ。

邦画ばかりが続いたが(しかもコメディー)この
子供の情景はドキュメントタッチで描かれた映画のような
気がします。


楽しみな作品だなぁ。

新年度が明けましたが生活は変りましたか?
世間では悪いニュースばかりで気分が落ち込むことが
多いかもしれませんが、そんな時こそ、何か新しい事に
挑戦してみてはいかがでしょうか?

それはスポーツでも芸術でも仲間探しでも何でも
いい、もちろん映画だって。

四六時中、気分が滅入っていてはどんな人でも
身体をおかしくしてしまいます。
自分が心から楽しい時間を一日のうち、それが難しいなら
週一日でも作れ事によって、良い影響があるような
気がします。

春はチャレンジするにも良い季節ではないでしょうか。

鴨川ホルモー、何じゃそりゃ!?

寒い一日でしたね。
夕べから寒気が入ったのか、風向きが変わったのかは
分かりませんが、冬はまだ健在だったんですね。
桜の開花が発表されたばかりですが、ここからが本当の
三寒四温なのかもしれません。


今日、列島に最高の知らせがもたらされました。
WBCの決勝、宿敵’韓国’に侍ジャパンが延長戦の末、
5−3のスコアで競り勝ち、見事にWBCの連覇を達成しました。


試合は日本時間のお昼前と言う事で、社会人の人は途中経過や
結果のみしか知る事が出来ずにヤキモキしていたのかも
しれませんね。
次回からは決勝は対戦チームのどちらかの国でやったほうが
いいのではないでしょうか?
今回のWBCだと日本vs韓国、両国は近いのに何でわざわざ
遠いアメリカで決勝を戦わなければならないのか?
ワールドカップのように参加国が多数あるなら話では
別ですが・・・東京ドームや韓国の球場で決勝を行っていれば
もっと盛り上がったと思うんだけどなぁ。


さて、超久しぶりに試写会に当選しました。

作品は「鴨川ホルモー」です。正直、色んなサイトから試写会の
応募をしているので、鴨川ホルモーに応募したかどうか
ハッキリ覚えていないんですが(汗

公式サイトを観てみると・・・これはコメディーかなぁ??

お!!私にとってミステリアスな女優である栗山千明が
出演しています。
まぁ、ホルモーが何なのか?しっかり見届けたいと思います。


映画の封切りが変っているようです。

おはようございます。

明日は待ちに待った『CHE 39歳別れの手紙』を観に
新宿ピカデリーへ行ってきます。

一部の「28歳の革命」ではほとんどがゲリラ戦の場面でした。
「39歳別れの手紙」で孤高の革命家ゲバラはどんなメッセージを
見る人送るのか、楽しみです。



これまで新作映画と言えば土曜日の封切りが多かったですが、
最近は洋画を中心に金曜の公開が増えているようです。

これには社会環境の大きな変化が影響しているようです。
それが週休二日制です。何を今さらと思うかもしれませんが、
新しい習慣が根付くには長い年月を必要とします。

週休二日制になったことで金曜の夜はゆったりと過ごしたい、と
思う人が増え、劇場サイドもその時間を’映画’に費やしてほしい
という思惑があります。


1990年から91年にかけて一度、金曜日の公開を試みたみたいですが
これは根付かなかったようです。そして再び、最近になって
金曜日公開の動きが出ています。

今日はマンマ・ミーアの初日ですね。

劇場離れを防ぐために各映画館は様々な工夫をしています。
映画の日として毎月1日は鑑賞を1000円にしたり、レディースDAYを
設けたり、あるいは時間のある高齢者を取り込むために年齢割引を
作ったりと。
割引実施日は観客が増えても他の日にはなかなかお客は
戻ってこなかったようですが、この金曜日封切りが切り札と
しています。

金曜の封切りとなるとターゲットはどうなるんでしょうか?
映画会社各社は初日にどんな作品を封切るのか頭を痛めている
そうです。

映画好きの私にとってはいつの封切りでもさほど影響は
ありませんけどね(笑)

幕が閉じるまで

前回の記事で
>どうしてエンディングと同時に席を立つ人が多いんだろうか。
と書きました。


映画館で観る映画って劇場に入ってから
劇場を出るまでが一つの作品だと思うんですよ。

作品が終われば出演者を始め、その映画に関わった人たちが
エンディングテーマと共に紹介されます。
そのエンディングテーマを聴きながら
余韻に浸る、劇中はもちろん五感を刺激してくれますが、
この見終わっ後にどんな感情を抱くかを大切に
したいです。

もしかすると、これは日本人独特の感性かもしれません。
それもある程度、五感が鍛えられた人の。

海外の事情は分かりませんけどね。
スタンディングオベーションは合っても
じっと余韻に浸ることはないような気がします。


子供たちもエンドロールの余韻に浸る事は
ないでしょう。


エンドロールを観ていると
ボランティアとして作品に関わった数多くの人が
いることに気付きます。
一つの作品を作り上げるのにどれだけの人が
関わったんだろう、とその作品を観れた事に
感謝したいですね。

ブログのタイトルでもある「非日常の空間」
だからこそ、その時間を大切にしたいと
私は思います。


期待外れのブラインドネス

今年最高の呼び声が高いおくりびとが韓国で
大ヒットを飛ばしているようです。

韓国では試写を一目に付かぬようにぐるぐる巻きにして埋葬する
そうなんですが、日本の納棺師が試写に施す様を見て驚いて
いました。
韓国の大学教授が「人間は誰でも死ぬんだから、死者を
腫れ物に触るように一目から遠ざけるのはおかしい」と
語っていたのが印象的でした。

先ほど、全電通労働会館ブラインドネスを試写してきたんですが
期待はずれでした。

原作は白の闇を書いたノーベル文学賞作家のジョゼー・サラマーゴだ。
公開前からの人気作品で、同日に別の試写会にも
当選していたんですが、ブラインドネスを選んだんですよ。

1人の日本人(伊勢谷友介)から始まる驚異的な速さで目の前が
真っ白(※真っ黒ではなく)になり失明する謎の伝染病、
感染者は収容所に隔離される。
そこでの人間模様、たった一人目が見える医者の
妻(ジュリアン・ムーア)の心理描写など見所はあるが、
結末が全く面白くない。
いや、途中で「この結末は○○だな」と予測した通りに
なってしまった。

試写の前に映画の予告編を流したんだけど、新春に
ロードショー予定のチェ・ゲバラを描いた
CHEチェが凄い面白そうでした。

ブラインドネスの試写状届きました。

今年のカンヌ国際映画祭でオープニングを飾った
話題のパニック映画「ブラインドネス」の試写状が届きました。


日本からは私の大好きな木村佳乃さんと伊勢谷友介さんが
キャスティングされています。

ブラインドネスとは「白の闇」
視力を奪う奇病が1人の日本人男性から世界を
パニックに陥れるようです。


パニック映画と言えば前に「ウォーター・パニック」を
観ましたがあれはしょぼかった。

どんなエンディングを迎えるか楽しみです。

おくりびと、絶好調の最中で

モントリオール映画祭でグランプリを受賞した本木雅弘、広末涼子
主演の映画おくりびと、韓国での評価も上々だったようです。

家族の絆はもちろんですが、「死」という非日常な出来事に
切り込んだこの「おくりびと」世界中の人に
観ていただきたい作品だと思います。


その一方で劇中で本木雅弘演じる大吾のお父さんを役を
演じた俳優の峰岸徹さんが肺ガンのために死去しました。


父の死の知らせを聞き自らの手で納棺をする場面が
とても印象的でした。
大吾が父(峰岸徹)の髭を剃りながら顔の見えない父の姿を
徐々に鮮明に思い出していく、そして初めは半信半疑で
観ていた目の前の死人を「お父さんだ」と涙ながらに
認識する場面、じんわりと心に広がっていきました。


トライアスロンを趣味にし、タバコも長い間やめていたにも
関わらず・・・残念で仕方がありません。

峰岸徹さんの65歳と言う早すぎる死、
謹んでご冥福をお祈りいたします。

フレフレ少女の舞台挨拶2〜内藤剛志の美談〜

朝バナナダイエットなるものが巷でブーム・・・いや
狂乱となっているようですね。
お笑い女芸人が番組の企画で行った朝バナナダイエットで
豹変振りを見た視聴者が、以前の○○と同じように飛びついて
いるんだろうなぁ・・・

さて、昨日の続きです。

『想いが通じれば、奇跡は起きる!』

主演の新垣結衣は小さな奇跡体験を語っていました。
連日の雨で撮影が中断していたので「雨を止(や)め!」と祈ると
本当に雨が止んだ、とか。
「親しくなりたいなぁ」と想っていた人が、いつの間にか
友達になっていたとか(笑)


それを小さな奇跡だと言ってしまうところがガッキーの
人気の高さなのかも知れませんね。

渡辺謙作監督はこんなエピソードを語ったくれました。

フレフレ少女の完成をお袋を見せると、お袋が
『私は高校時代に応援団長をやっていたんだよ』!?と
発言しましてね、そんな事はすっかり忘れていたんですよ。
このフレフレ少女との出会いも、何か運命的だったのかなぁ。」と。

このエピソードは凄いですよね。
会場からもどよめきが起きましたから。

そして、内藤剛志がバッチリと美談で占めてくれました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

フレフレ少女の主題歌はAqua Timezで
夏のかけら


続きを読む

今後の試写会予定

こんばんは。
いやぁ〜秋ですね。

スポーツ・芸術・食欲・・・色んな秋がありますが
私は「映画の秋」となりそうです。

既に今月は2本の映画を試写する予定です。

一本目が

アイアンマン」(オフィシャルサイト:コチラ

9月27日より全国ロードショー!

二本目が

ハロウィン」(オフィシャルサイト:ココ

10月25日より全国ロードショー!!

YOUTUBEに予告編が投稿されていました。

北乃きいの演技に絶賛〜幸福な食卓〜

北乃きいは大物になるだろう(予言)

友達(女性)と池袋の劇場で観たんですよ、
幸福な食卓を。

「父さんは、父さんをやめた。」こんなわけの分からない
父さん放棄から舞台は始まった。

父さんの妻は石田ゆり子が演じていた。
話は脱線するが石田ゆり子って本当に素晴らしい女優ですよね。
私は滅多に小説を読まないんですが、本屋に入った時に
絶賛されていた恋愛小説である四日間の奇蹟に代号泣してしまいました。
どう小説は映画化されたんですが、そこにも石田ゆり子が重要な
役として出演しているんですが、本当に惚れてしまいました。

家族にとって何が大切なのか?
幸福な食卓で改めて考えさせられました。

主題歌はミスターチルドレンの”しるし”でした。
この曲が映画とよくマッチしていたなぁ。



続きを読む

映画って素晴らしい

一昨年辺りから劇場で映画を観るようになった。
正確には映画を観る機会が非常に増えました。

試写会、どういうキッカケで映画の試写会というのを
知ったのかは分からないが、今では毎月一本以上のペースで
映画を観ている。


素晴らしい作品も沢山観てきました。幸運にも
プレミアム試写会に当選して、舞台挨拶付きの試写会にも
何度か巡り合った。


昨年なんかは邦画で良い作品が沢山ありました。
一つの転機になったのではないでしょうか?
邦画の人気がガタ落ちでしたからね。


来週にはおくりびとという広末涼子本木雅弘が主演する特別試写会を観に行く
予定である。

せっかくなので映画を観た感想をこのブログで綴っていこうと
思う次第である。


劇場で観る映画って本当に臨場感が全く違う。その迫力に
圧倒されながら観賞することができる。
ある調査では日本人が一年間に劇場で観る映画の本数は
1本台だそうだ。
みんな忙しいのかな?

音と映像、五感を大いに刺激してくれるのが映画だ。
非日常の世界へあなたを誘ってくれる。
映画を劇場で観る事によって、私がどう感じたか?

よいレビューが出来るといいなぁ〜

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。