ス ポンサードリンク

映画館も合理化の時代

先日、ちょっくら新宿に行ってきました。
その時、歌舞伎町を通ったんですけど、新宿コマ劇場が
閉館されたままになっていました。

コマ劇場がその歴史に幕を閉じてから1年が経つと言うのに。

あの近辺って実は映画館も多かったようです。
「た」と付けたのは既に過去の出来事だから。
歌舞伎町の映画館の閉館が急速に進んでいます。

昨秋以降、14館あった映画館が現在ではわずか4館までに
なったもようです。
一方で靖国通り沿いにはシネコン(シネマ・コンプレックス)=
新宿ピカデリー」が誕生しもう少し離れた場所には「新宿バルト9
があり、連日お客さんで賑わっています。

この2つのシネコンの誕生により小さな映画館が廃業に
追い込まれました。

まるで街の商店街の近くに誕生した大型ショッピングストアの
ようです。
時代の流れと言ってしまってはそうなんだけど、
何だか寂しいですね。

新宿区はコマ劇場周辺を大衆文化や娯楽の発信地と
位置づけてきましたが、新宿3丁目に出来た2つのシネコンに
完全にお客の流れを奪われてしまいました。

どうすれば集客力が上がるのか?新宿区は頭を悩ませている
ようです。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/136773960
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。