ス ポンサードリンク

『ヴィヨンの妻 〜桜桃とタンポポ〜』を観に行きます

久しぶりに試写会ではなく、純粋に(?)映画を
観に行きます。

作品は10月10日より公開されている今年で生誕100周年を迎えた
太宰治の小説を映画化した
ヴィヨンの妻 〜桜桃とタンポポ〜』です。

豪華なキャストですよね。

浅野忠信松たか子、そうそう昨年モントリオール世界映画祭で
グランプリを獲得した「おくりびと」にも出演していた広末涼子
出ているんですよね。

このヴィヨンの妻も今年のモントリオール世界映画祭で
監督賞を受賞しました!

ちょうど監督である根岸吉太郎さんがインタビューに応えている
記事を見かけました。
監督曰く、

「『ヴィヨンの妻』には余白があった。余白に入り込んで、
 ある程度自由に物語を作れることが、原作を映画化する
 大きな原動力になるわけだから、太宰と取り組むのに
 『ヴィヨンの妻』は悪い小説ではなかったと思う。」
 
              (讀賣新聞10月9日夕刊より)

才能ある小説家でありながら酒に溺れる男(=浅野忠信)と、
その男の全てを受け入れようとする妻(=松たか子)、
男と心中未遂を起こす愛人(=広末涼子)、根岸監督は
どんな夫婦の像をこの映画で描いているんでしょうね。
           
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。